【基礎練習】ピアノの基礎練習や上達方法について分かりやすく解説

【速度記号】アンダンテ・アレグロ・アテンポなどの演奏記号を説明します

質問・疑問・なぜ 音楽の基礎知識
この記事は約4分で読めます。

ポップスの楽譜では速度の表記に♩=120のように、速度が明確に規定されることが多く、初心者の方でもメトロノームで簡単に曲の速さを知ることができます。

しかし、クラシック曲の多くでは、アンダンテ(Andante)やアレグロ(Allegro)などのように、大体の速さしか定められていないことが多く、演奏者の表現力に委ねられることが多々あります。

ピアノを先生から習っている場合は、「メトロノームでいくつぐらい」といったアドバイスをもらえるでしょうが、独学でピアノを練習する方は速度が分からず困ってしまうでしょう。

ここでは速度記号について説明します。

演奏記号には他にも、強弱記号反復記号、装飾記号、発想記号があります。

この記事をご覧の方には「【音楽の基礎知識】演奏記号をはじめとした楽譜の読み方や楽器演奏の補助となる知識一覧」も参考になります。

【音楽の基礎知識】演奏記号をはじめとした楽譜の読み方や楽器演奏の補助となる知識一覧
ピアノに限らず、楽譜に使われる演奏記号や、楽器演奏の補助となる知識を一覧にまとめました。それぞれの知識について分かりやすく解説します。只の辞書にならないように心がけています。

スポンサーリンク

よく見る速度記号

初心者・上級者を問わず、クラシック曲に記載されることの多い速度記号を紹介します。アダージョやアンダンテは曲名に含まれることも多いですし、ポップスなどでは曲名になっていることもあります。

モデラートやアレグレット、アレグロといった速度表現もよく見かけるでしょう。アレグロは速度表現の幅が広いため、アップテンポな楽曲は大抵アレグロの表現になっています。管理人がいくつ楽譜を確認した限りでは、アレグロの表記で♩=196の曲がありました。

頻出する速度記号一覧

表記読み意味備考
Adagioアダージョゆるやかに♩=56~63ぐらい
Andanteアンダンテ歩くような速さで「歩くような」は雰囲気。
♩=63~76ぐらい
Moderatoモデラート中くらいの速さで
中庸な速度で
♩=76~96ぐらい
AllegrettoアレグレットややAllegroにAllegroより遅い
♩=96~120ぐらい
Allegro
(Allo)
アレグロ快速に・陽気に♩=120~152ぐらい
♩=196の曲も!

珍しい速度記号

頻出する速度記号一覧をしっておけば、珍しい速度記号が出てきても、大体の意味が分かることが多いです。

楽譜で初めて見た時など、発想記号を調べたい時にご利用ください。PCでの検索ならCtrlキー+Fキーを押して、検索窓を出すと便利です。

検索機能(Ctrl + F)
1からはじめよう!VAIOパソコン教室-SONYより

全ての速度記号一覧

頻出する速度記号が強調されるよう一覧表を作成しました。この一覧はプレスティッシモ(Prestissimo)までは概ね速度順に並んでいます。ただし、作曲家や楽曲によって、目安となる速度が変わることも多いのでご注意ください。

表記読み意味備考
Graveグラーヴェ重々しく
Largoラルゴ幅広くゆるやかに♩=40~50ぐらい
LarghettoラルゲットややLargoにLargoより速い
Adagioアダージョゆるやかに♩=56~63ぐらい
Lentoレントのろく
AdagiettoアダジェットややAdagioにAdagioより速い
Andanteアンダンテ歩くような速さで「歩くような」は雰囲気。
♩=63~76ぐらい
AndantinoアンダンティーノややAndanteにAndanteより速い
Moderatoモデラート中くらいの速さで
中庸な速度で
♩=76~96ぐらい
Allegro moderatoアレグロモデラート穏やかに速く
Animatoアニマート元気に 動いて
AllegrettoアレグレットややAllegroにAllegroより遅い
♩=96~120ぐらい
Allegro
(Allo)
アレグロ快速に・陽気に♩=120~152ぐらい
♩=196の曲も!
Vivaceヴィヴァーチェ活発に
Vivoヴィーヴォ活発に
Prestoプレスト急速に
Prestissimoプレスティッシモ非常にPrestoにPrestoより速い
Tempo giustoテンポ・ジュスト正しいテンポで一般に心拍の速さ
(M.M.=80くらい)
と言われる。
Tempo di Valseテンポ・ディ・ヴァルスワルツのルバートを
もったテンポで
M. M.=f1分間にf拍打つテンポで
♩=fテンポF1分間に四分音符を
f拍打つテンポで

関連記事「【弾いてみた】FF・ロマサガ・クロトリ・ルパン・クラシック・ポップスに挑戦

【弾いてみた】FF・ロマサガ・クロトリ・ルパン・クラシック・ポップスに挑戦
FF・ロマサガ・クロトリなどのGAME曲から、ルパン三世のテーマ、エリーゼのためになどのクラシック、コブクロや木村カエラなどのポップスに挑戦しました。

参考:Wikipedia-演奏記号
SEIKO-メトロノーム記号の読み方

練習に利用しているピアノの紹介

私が練習に利用しているピアノは、数万円で購入できる電子ピアノです。一式揃えても5万~6万円あればお釣りが出るぐらいのものです。Amazonで購入すれば配達までやってもらえるので、お店で分からない楽器の情報を見比べるより時短になると思います。
とにかく練習しないと上手くなれませんから、気に入ったピアノをすぐに購入してしまうことをおすすめします。

KORG 電子ピアノ LP-180-BK 88鍵

電子ピアノの中でも4万円~5万円ほどで購入できるおすすめのピアノです。当サイトで紹介している曲は全てこのピアノで演奏しています。

KORG ピアノ椅子 JS-SB100BK

KORGのピアノ椅子」より値段が張りますが、スタンダードなピアノ練習用の椅子ならこれでしょう。KORGのピアノ椅子は部品がすぐ取れたりして若干ストレスもありましたが、この椅子ならそんなことはありません。私も利用しています。

M-Audio USB MIDIキーボード 88鍵

KORG 電子ピアノ LP-180-BK 88鍵 ブラック」より安価なピアノで88鍵のものはこちらになります。MIDIキーボードなので、作曲などを行う方向けになりますが、練習用のピアノとしても利用できます。

KORG IN-EARMETRONOME イン・イヤー・メトロノーム

最近ではイヤフォンのように耳に直接つけるメトロノームが売られています。KORGのイン・イヤーメトロノームは安価で多機能な商品なのでおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました